清酒「白老」蔵元・澤田酒造さん蔵訪問


  愛知県常滑市 清酒「白老」蔵元 澤田酒造さんを訪問させて頂きました。
   平成19年2月4日(日)午前8時



  朝8時に蒸し米が出来上がりました。


酒蔵では冬の早朝から酒造り作業が行われ
ています。

朝8時、日本酒の原料となる酒米が蒸しあが
りました。

すごい蒸気です。



蒸籠(せいろ)と同じ原理です。
木樽です。
それもまだ新しい。
(写真からもお分かりになられると思います。)

2007年の今、新しい木樽が目の当たりに出来る
とは、本当にびっくりです。

火もボイラーではなく昔の釜戸と同じ原理で行えるようにバーナーを使用しています。
だから煙突も現役です。
こりゃ、旨い酒が出来る訳だわ、いや〜、ホントに。

余熱で湯を沸かします。

澤田社長さんです。



さあ、蒸し上がりました。

再び、作業の開始です。

蒸米を放冷器に移すため、すべり台のような
器具を取り付けます。

蒸し上がった米を手に取るところ。

上手く蒸されたかな?

外硬内柔の米が良しとされます。

それは、後の工程において麹菌が米の内部にまで
菌を伸ばしてくれるので、醗酵に好都合なのだそうです。

難しい理論はさておき、酒造りの要諦はこの「蒸し米」
にあると言っても過言ではなく、この瞬間が良い酒を
醸すことが出来るかどうかの勝負の分かれ目なのです。

三浦杜氏と澤田社長の緊張の瞬間です。



(左)
蒸気がまだ熱く残っているところでの作業。

大変だ、こりゃ。

蒸した米を放冷器に移します。

上から冷たい風を米に送って蒸された熱い状態の米を冷まします。

放冷器を上から覗いてみました。



page top

ページトップへ