好みのワインを探すテースティング


「これが良いですよ」と言われてもよく分からないのがワインの世界。

それならば、「美味しいと思うものから始めましょう。」

仕切り線(2)

ワインを知るとは好みを知ること
仕切り線短3


ワインのテースティングというと、ソムリエさんがとても素晴らしいコメントをしながらワインを表現することだと思っておられる方が多くいらっしゃいます。
でも、そんなことはソムリエさんにしか出来ません。
ちなみに私も出来ません。

そこで、3つの立場から行うテースティングをご紹介します。
というより、至極当たり前の事なんですよ。


ワインテイスティング画像



  (1)生産者さんのテースティング (欠点を探す為)

まず、生産者さん。
彼らのテースティングは、要するに欠陥探しなんです。
商品として市場に出しても良いかどうか。
ここをクリアーしてから、ワインの特徴を表現することになります。
でも、ソムリエさんのような表現や伝え方は生産者の立場からはあまり必要がないでしょう。




  (2)ソムリエさんのテースティング(伝える為の表現)

 そして、ソムリエさん。
彼らが言うところの「バラの香り」とか「スパイシーな香り」とかの表現は、実は共通の表現方法なのです。
つまり、この液体としてのワインを客観的に共通的に見ていくのです。
それで、どういうワインかを知ることになり、それが伝える言葉になるのです。

しかしながら、この表現が何を意味するのかを知っている人になら良いでしょうが、普通の人には、「わあ〜、すごいなあ、でも、あ〜、その〜、よく分からないなあ」ということになりかねません。

本来は、そのワインを表現しているのですから、伝わらなければ意味がないのです。



  (3)好みを知るそして探すテースティング


  では、普通の一般消費者の方のテースティングとは何かと言い
  ますとそれは「好みのワインを探すテースティング」ということです。

  
  但し、好みに合わないから不味いということではない訳で、ここ
  の捉え方を間違えないで頂ければと思います。

ワインテイスティング画像2


  スイートかドライか、コクは有った方がいいのか、酸味はどうなのか。
  ご自身の美味しいなあと思う尺度で試されればいいのです。
  しかし、好みだからといって「何でもあり」というのはやはり違うと思います。


  この事を文章で書くのはとても難しいのですが、それはつまり
  
「良品を認めたその上で、好みを探すこと」
  それが重要だということです。

  要するにソムリエさんのようなコメントをするためにワインを勉強したり捉えたりする必要
  などさらさらないのです。
  (もちろん、飲みながらそういう表現も少しは出来るようになると思います。)

  ワインは、美味しく楽しむものです。
  料理がますます美味しく冴えるように寄与してこそ本来の姿です。

  自分の好みと美味しいワインを見つけるために行って頂きたい。
  その為には、逆説的な言い回しですが、何が良いワインかを知る事が大切なのだ
  と思います。



仕切り線短3

美味しいワインと美味しい料理を楽しむ為には、

まず、美味しいワインを選ばなくてはなりません。

その第一歩としての捉え方として

「ワインを知るとは好みを知ること」だと思います。


仕切り線短3

  但し、「ステーキにはどっしりしたタイプの赤ワインだね」
  「軽い赤じゃあ、合わないね。」
  というような一般的に在る楽しみ方のルールを知ってワインを選ぶことが大切であり、
  それを踏まえて、良いワイン美味しいワインを見つけていくためにテースティングされる
  ことをお薦めします。

  「スパイシーな黒コショーの香り」なんて表現が出来るようになるのは、ず〜と後からで
  いいのだと思います。




ワインテイスティングページ画像2

好みに合う、美味しいワインを見つけること。

それが食事と上手くマッチすること。



それは、普段のワインとの付き合いをとても上手に行える事こそが大切であるということです。  

その為に、ちょっとしたポイントを知っておくことが一般のワインファンには大切なのだと思います。

そして、そういうテースティングレベルや料理とのマッチングレベルが上がる事を指して「ワイン通になってきたね。」と言うのだと思います。





 (例え)洋服を選ぶ(自然に決めておられます)

例えとして洋服選びから見ていきましょう。
自らの「サイズ」とか「デザイン」とかは、実は言われなくても自らの好みを探し、そして選んでおられます。

洋服の場合、自分に合わないサイズを購入しないのは当然ですよね。
「生地」や「デザイン」それはつまり、似合うもの、気にいったものを選びます。
決められないとなるとそれを他人に決めてもらったりする訳ですが、その場合でもベストチョイスをするアドバイスが求められます。

生地、スタイル、着心地、サイズ。

ワインなら、香り、味わい、余韻、相性の良い料理となります

同じなのです。
これで分かって頂けたのではないでしょうか。
私の言う「好みのワインを探すテースティング」を。


それはつまり

一般消費者の方にとってのワインを知る手始めの捉え方として

ワインを知るとは好みを知ることであり、好みを探す事なのです。

 <勘違いされませんように念のため>


  「好みの味だから何でもあり」
  「素人はこれだから困る」
  何てことになってはいけませんね。

  良質で美味しいワインを知ること

  これが一番いいことです。

  ならば、「手当たり次第にワインを飲めば分かるのか」と言えば、そうではないと思います。

  その為に、そのステップとして、自らが美味しいと思うワインを探すことから始めましょう。
  という事です。

  押しつけられた価値観とでも言いますか、これが良いですよと言われても、よく分からない
  のがワインの世界。
  それならば、美味しいと思うものから始めましょう。

  「メダルを取ったワインですよ。」と言われても、もしかすると売らんが為の行為であり、どうも
  信ぴょう性に欠けるなあと思う味のワインもあるかもしれません。
  あるいは、色々な部分が強調されすぎていて、コンテストにはいいかもしれないけれど、
  なんだかなあ、と思うかもしれません。

  その感覚を大切にしましょうよ。

  ハズレを掴まされない為にワインを勉強したのに、何が「良質で美味しいワイン」なのか
  知ることが出来なかった。
  そんな話を聞かれたことありませんか。

  この味を覚えなさいと言われても身体が反応してくれません。

  美味しいなあと身体が思えば反応します。

  そこが一致して初めて理解したことになります。
  そう、自分が美味しいなあと思う好みの味と良質で美味しいワインの味が。

  この部分が一致するには、やはりプロの助言が必要な場合があるでしょう。

  そうして、ワインライフを楽しんでいると、自然と「良質で美味しいワイン」と自分の好みが
  合ってくるものなのです。

  気が付くのです。

  その方が自然なのだと思います。

  但し、いつまでも「好み」にこだわれば、一致する日がこないかもしれません。

  それは、貴方次第です。
  念のため。

page top

ページトップへ